会社概要 会社沿革 主要ユーザ 取扱いメーカー 取扱い製品 海外活動 丸昌グループ お問い合わせ

以前の記事はこちらからどうぞ→ 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年

<小坂社長 の独り言 2008>
2008年
 1月8日
明けましておめでとうございます。
   今年も、よろしくお願い申し上げます。


                   
                     
    2008年3月 撮影


 4月1日 トップページを随時更新しており、独り言まで手が回らず、しばらく、お待ちください。


6月25日 20日から23日まで、10年ぶりにバリ島を訪問した。爆弾テロや予告などで、過去3回
キャンセル。方角が悪いとあきらめていたが、ガルーダのエグゼクティブクラス、
エコノミークラス料金に4万5千円アップで空き1席あり。バリ・インターコンチネンタル・
リゾートも空きあと1室ありで乾季のバリへ出発。
                   
                   バリ・インターコンチネンタル・リゾート

午後5時着、しかし入国するのに、まず観光ビザ代$10を支払い1時間(並んだ所が悪かった)
もかかった。ホテルまでホテルタクシーで約10分、$8ドル。タクシーだと$4ドル。

この10年でビックリしたもの、ホテル料金。日本はあまり変わらないが、まあ3倍になったかー。
不動産は20年リースであるが3〜4倍ぐらいか。住むだけなら200万。きれいな新築なら
2000万から3000万と楽園とはいえなくなった。

                                               続く
6月26日 以前ブログでアンコールワットが神のやどる国、バリは神のおりる国と書いた。

10年前、ドライバー兼英語ガイド、10時間で4000円。今回、8時間でドライバー5000円、
日本語ガイド2000円で7000円。どこへでも走り、止まるのだから、ストレス解消にもってこい。

昼食はウブドから北、緑豊かで、ライステラスで有名なテガラランのカンブン・カフェへ。なにかを
感じようと訪れた。2階になっており、下が騒がしい。それも日本語。日本人20人、他の国20人で
40人がワイワイ騒いでいるのだから、すべての神がビックリしておりてこない。ガックリ。
                   
                          カンブン・カフェ

つぎはキンタマーニへ、標高1500m、展望所ペネロカンからビールを飲みながら、東にオバン山
西にバトゥール湖と絶景であった。
                
            
             バトゥール湖                    展望所ペネロカンのテラス 


                                                    続く
7月11日 現地の旅行会社からは乾季になりました・・・との事であったが、スコールもあった。

リゾートでの食事、朝はレストランのテラス、ビュフェスタイルである。まず紅茶をオーダーして
パンを回転式トースターにほり込み、スクランブルエッグを頑張ってつくってネ・・とお願いし。
サラダ、生ハム、いろいろお皿にとっていると、エッグができ、パンもころあいに焼け、
今日の一日に感謝し、ビールで乾杯。
                  

昼からは、ナシ・ゴレン    (やきめしのまわりに、いろいろなおかずがある)目玉焼きがのる。
       ナシ・チャンプル (白ご飯のまわりに、いろいろなおかずがある)目玉焼きがのる。
       ミー・ゴレン    (エビ、イカ、鶏肉、野菜などがはいったやきそば)

          ゴレンは炒める、揚げるの意味。
          ナシはご飯。   チャンプルは混ぜる。
          ミーは麺

特にナシ・チャンプルは奥が深い、同じものを食べたことがない。タイ、シンガポールでも。日本の
幕の内弁当とおもえばよい。ビールもビンタンがメジャー。(アンカーやバリハイもある)
日本のビールような力強いキレはない、ビタービールにちかい味か。 

                                                    続く
8月12日 プーケットは乗り継ぎに時間をとられるが、バリは直行。ホテルも近い。クタやレギャンも活性化。

ホテルも安いところもあり、食事がなんといっても安い。なかなかのところだ。
                  
                         オバン山
                                                     おわり。
8月25日 2008北京オリンピック、星野ジャパンは散々でした。中国四人組ではなく日本三人組で逮捕??。



9月18日 9月12日から14日まで社員のみなさんと研修旅行に行きました。

行き先は、お隣の韓国、ソウルへ。広々とした仁川空港、すばらしい高速道路、夜の明洞(ミョンドン)。

夜の10時、若者がいっぱい。同じアジア人、まわりにとけこんでいる自分がわかる。
                    
                     昌徳宮(チャンドックン)

                                                  10月8日に続く

10月8日 清潔で広々とした仁川空港、高速道路を撤去してよみがえった早朝の清渓川などを視察。

                    
               仁川空港                       清渓川

                    
             ロッテホテルより                 ソウルタワーより

食事は骨付きカルビ、海鮮鍋、プルコギ、石焼ビビンバで宮廷料理はパスしたが満足だった。

私は10年ぶり、5回目の韓国訪問であったが、今回は韓国の発展と対日感情の変化に驚いた。

喫茶店でも店員の接客に違和感は全然感じなかった。

新時代の到来。

 
                                             おわり

10月28日 16日深夜便でバンコクへ、20日早朝、帰国のハードな旅。

60歳還暦祝いで、大阪J.C時代の仲間25名が集まった。17日の夕食、揃いの赤いポロシャツで
最高級ホテル、オリエンタルホテルのテラスでワイワイ、ガヤガヤ、不思議な団体と思われただろう。
                       
                           王宮にて

反タクシン派が、まだ首相府を占拠しており、軍のクーデターがいつあるかと言われていたが、
どうもタイ市民も軍も、この金融危機で経済優先。黄色いシャツの反タクシン派には勝ち目は
なさそうだ。

我々はタクシン派の赤いシャツを着ていたので、いつ黄色いシャツ軍団が襲ってくるか?
心配であったが、デモは首相府まわりのみ、警察が監視しており、市民には迷惑はかけないようだ。
                           
                         ワット・アルン(暁の寺)仏塔

社長ばかりが好きなこと言うのでまとまりがつかないが、マァーなんとかなるのが昔の仲間。

おもしろいハードな旅でした。



12月11日 11月24日から26日まで上海へ、バウマ2008の視察と現地での打ち合わせのため。

昨年9月との違いは、いたるところで道路工事、車線が狭くなるため接触事故が多い、言い争っている
車が動かない。マァ大変だ。

今回の宿は、イギリス人モリスの邸宅であったレトロな、Rui jin ホテル。広い敷地に5つの建物。
現地1週間前からのみ予約を受け付ける。
                      
                         Rui jin ホテル 四号館

いままではガーデンホテルから始まり、ヒルトン、ウエスティン、ハイアット、シャングリラ、ホリディイン
インターコンチ、ソフィテル、フォーシーズンなどの近代ホテル。

クラッシックホテルは心配であったが、バス・トイレはリニューアルされており、自宅に戻った感じだ。
裏門から左に40Mで有名なバー街があり、右に50Mでコンビニに。

敷地内、3号館の1階にバーがあり、プールバーで若いリッチな西洋人がビールを飲んでいる。

ここは上海か・・。この地区、昔はフランス租界。イタリア生まれのカプチーノだが、アルコールあとの
カプチーノ、イヤ〜おいしかった。忘れられんほど。50元(700円)は、ちょっと高いけど。

                                                    続く


以前の記事はこちらからどうぞ→ 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年


[ HOME ]
END