会社概要 会社沿革 主要ユーザ 取扱いメーカー 取扱い製品 海外活動 丸昌グループ お問い合わせ

 製品リスト
コーンクラッシャー 製砂機 最新製砂プラント インパクトクラッシャー モービルクラッシャー
リサイクルプラント 物流機器 自家発電システム 公害防止器具 パーツリスト
サンドビッグ(株)SMCカンパニー  SSAB スウェーデン・スティール社(スウェーデン鋼)    

 SSAB スウェーデン・スティール社: スウェーデン鋼                    2018年11月15日



−−−−−− 祝 2020年 東京オリンピック −−−−−−


 〜 公共事業は子孫への贈り物 〜


                                                                       Home
                                                                    丸昌のトップページへ
     

    
スウェーデン鋼のお問い合わせは株式会社丸昌まで。

 
上段のお問い合わせを、クリック、お願いします。









SSABスウェーデン・スティール社のホームページにお越しください。

(SSABのHPに、クリックお願いします。日本語版です・・・・)




   

  〜 スウェーデン鋼 ハルドックス・耐摩耗鋼板の未来地図 〜


誕生から44年、新たな旅立ちです。

(クリックお願いします。英語です。)
2018年1月







2018年 HARDOX(ハルドックス)は、400:450:500:550:600:が生産されています。


            


砕石プラントでは、ダンプの底板、重機のバケット、グリズリのバー、チークプレートなどに使用されています。




    2018年 HARDOX(ハルドックス)
(ハルドックスのHPに、クリックお願いします)


     HARDOX 各種硬度引張強さ対照表
(クリックお願いします)


      各種鋼材の耐磨耗性比較
(クリックお願いします)




    ご用命は、株式会社丸昌まで、お願い申し上げます。


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681



スウェーデン鋼とは、スウェーデン産の鉄鉱石、ミネラル分の多い水、自然からの贈り物であり、


粘りがあり、
軽くて、なおかつ強度がある鋼板のことです。


世界のトップレベルの品質です。



                                             
              オクセルスンド工場の夜景           


   
 2010年5月6日

上海万博のスウェーデン館前にて








  2018年度 
   

  〜 2018環境展 閉幕しました  〜

 
 
 5月22日から25日(金)まで、 東京ビッグサイトにて



         
22日、快晴、ぞくぞくと来場者


 
第27回目の2018NEW環境展が開催されました。





 
当社と取引のある
スウェーデン・スティールさん




                  
SSABさんのブース・滝上社長さんと


ブース展示されました。




ご来場、ありがとうございました。





 
   
  10月24日    〜 東京製鉄・11月鋼材価格据え置き・9ヶ月連続 〜

 
 
  22日、電炉大手の東京製鉄は、11月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。9ヶ月連続だ。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。


電炉のコストは上昇中である、自然災害もあり、米中貿易戦争もあり、景気は、不透明感がある。

しかし、このコスト高を、耐えられるのだろうか・・・・・。




   
  9月29日    〜 東京製鉄・10月鋼材価格据え置き・8ヶ月連続 〜

 
 
  18日、電炉大手の東京製鉄は、10月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。8ヶ月連続だ。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。

電炉のコストは上昇中であるが、自然災害もある。




 
  8月21日    〜 東京製鉄・9月鋼材価格据え置き・7ヶ月連続 〜 


   20日、電炉大手の東京製鉄は、9月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。7ヶ月連続だ。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。

H形鋼の市中価格は1トン8万円7000円前後と2000円前後上がっているようだ。


電炉のコストは上昇中であり、今後の荷動きにより相場がかわる。




  8月3日     〜 東京製鉄・8月鋼材価格据え置き・6ヶ月連続 〜 

 
  
  7月17日、電炉大手の東京製鉄は、8月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。6ヶ月連続だ。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。H形鋼の市中価格は1トン8万円5000円前後と

1000円前後上がっているようだが、上昇ペースが遅いようだ。


災害復旧の引き合いがあれば、最優先で取り組むとしている。




 
  7月13日     〜 東京製鉄・7月鋼材価格据え置き・5ヶ月連続 〜

 
 
  6月18日、電炉大手の東京製鉄は、7月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。5ヶ月連続だ。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。H形鋼の市中価格は1トン8万円4000円前後と変わらず。

上昇ペースが遅いようだが、新日鉄は6月より価格を上げた。





 
   


  3月20日     〜 東京製鉄・4月鋼材価格据え置き・2ヶ月連続 〜

 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、4月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。2ヶ月連続だ。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。

H形鋼の市中価格は1トン8万円4000円前後。




 
 
  2月23日      〜 東京製鉄・3月鋼材価格据え置き 〜

    
 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、3月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。

H形鋼は1トン8万9000円。厚鋼板は8万1000円とした。H形鋼の市中価格は1トン8万円2000円前後。

スクラップ価格は2月下落したが、副資材は上昇気味だ。




 
  1月23日    〜 東京製鉄・3ヶ月連続・H形鋼2000円値上げ 〜 

  22日、電炉大手の東京製鉄は、2月契約分の鋼材価格を品種別に引き上げると発表した。

H形鋼は2000円引き上げ1トン8万9000円。厚鋼板は据え置き8万1000円とした。

H形鋼の市中価格は1トン8万円2000円前後、鉄鉱石や原料炭の値上がりもあり、転嫁せざるを得ないようだ。


当社の取り扱うスウェーデン鋼も、2月出荷分より、値上げする。




   
HARDOX 各種硬度引張強さ対照表
(クリックしてください)

 
 各種鋼材の耐磨耗性比較
(クリックしてください)




  2017年度

 
   
 〜  2017 NEW環境展 閉幕しました 〜


 
5月23日から26日まで2017環境展が開催されました。



23日と24日は快晴、初日は出足遅く、2日目は熱気ムンムンでした。



      




当社と取引のある、スウェーデン・スティールさん、



滝上社長(左)さんと小坂


ブースへのお立ち寄りありがとうございました。


今後ともよろしくお願い申し上げます。






   
  12月20日    〜 東京製鉄・2ヶ月連続・全品種3000円値上げ 〜

                  〜 スウェーデン鋼・2月出荷分より値上げ 〜

  
  18日、電炉大手の東京製鉄は、来年1月契約分の鋼材価格を全品種で3000円引き上げると発表した。

H形鋼は1トン8万7000円。厚鋼板は8万1000円。

H形鋼の市中価格は1トン8万円前後、流通価格も年初から1割上がっている。

鉄鉱石や原料炭の急騰もあり、転嫁せざるを得ないようだ。


当社の取り扱うスウェーデン鋼も、来年2月出荷分より、値上げする。




 
   
  12月1日      〜 東京製鉄・12月鋼材・全品種3000円値上げ 〜

       
  11月20日、電炉大手の東京製鉄は、12月契約分の鋼材価格を全品種で3000円引き上げると発表した。

H形鋼は1トン8万4000円。厚鋼板は7万8000円。

H形鋼の市中価格は1トン8万円前後、「上昇トレンドにある」・・・と強調しているが・・・・。




 
   
  10月24日     〜 東京製鉄・11月鋼材価格・据え置き 〜 

 
  16日、電炉大手の東京製鉄は、11月契約分の鋼材価格を据え置くと発表した。

H形鋼は8万1000円。厚鋼板は7万5000円。

H形鋼の市中価格は1トン7万8000円前後。




 
   9月22日     〜 東京製鉄・10月鋼材全品種を値上げ 〜

   
  19日、電炉大手の東京製鉄は、10月契約分の鋼材価格を引き上げると発表した。

1トン当たり3000円。値上げは2ヵ月連続だ。H形鋼は8万1000円。厚鋼板は7万5000円。

H形鋼の市中価格は1トン7万7000円前後。




   

  8月22日     〜 東京製鉄・9月H形鋼据え置き、鋼板2000円値上げ 〜

   
 
  21日、電炉大手の東京製鉄は、9月契約の鋼材価格を引き上げると発表した。値上げは7ヵ月ぶり。

ただH形鋼は7万8000円で据え置き、異形棒鋼は5万9000円3000円値上げする

鋼板各種も2000円値上げする。都心部など再開発向けの出荷がよいようだ。





 
   8月9日更新 7月19日        〜 東京製鉄・8月も据え置き 〜  


  7月18日、電炉大手の東京製鉄は、8月契約の鋼材全品種を据え置くと発表した。据え置きは6ヵ月連続。

H形鋼は7万8000円、異形棒鋼は5万6000円。資材価格は7月より強気ムードになっている。

原料の鉄鉱石は1トン70ドルと1ケ月で2割上昇した。




   


   
  4月19日        〜 東京製鉄・5月も据え置き 〜  

  
  17日、電炉大手の東京製鉄は、5月契約の鋼材全品種を据え置くと発表した。据え置きは3ヵ月連続。

H形鋼は7万8000円、異形棒鋼は5万6000円。高炉の新日鉄住金と価格差が発生している。

コスト上昇なか、市況はよくないようだ。




  2月21日       〜 3月・鋼材全品種据え置き 〜 

 
  20日、電炉大手の東京製鉄は、3月契約の鋼材全品種を据え置くと発表した。

据え置きは4ヵ月ぶり。H形鋼は
7万8000円、異形棒鋼は5万6000円。

いったん様子を見るとの事。



 
   1月17日        〜 2月も鋼材全品種値上げ 〜  

 
  16日、電炉大手の東京製鉄は、2月契約の鋼材全品種を引き上げると発表した。

3ヵ月連続で1トンあたり1000〜3000円。H形鋼は7万8000円、異形棒鋼は5万6000円。

市況の上昇基調が続くと判断した・・・・。




 
   
   
  2016年度

  
   
 〜  2016 NEW環境展 開幕されました 〜


   5月24日(火)から27日(金)まで、東京ビッグサイトにて



SSABさんブースにて、小坂(左)と瀧上・新社長殿


2016年度の砕石・リサイクル機械展の環境展が開催され、


15万人が訪れ、成功裡に閉幕しました。




 会場風景


ブースへのお立ち寄りありがとうございました。




  12月20日      〜 来年1月も鋼材全品種値上げ 〜 

  
 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、来年1月契約の鋼材全品種を引き上げるすると発表した。

2ヵ月連続で1トンあたり3000〜5000円。H形鋼は7万5000円、異形棒鋼は5万5000円。

原料炭などの製鉄原料が急騰中、スクラップ価格も上昇中、在庫は低水準を維持、まだ、値上げムードが漂う。

高炉メーカーは、13日に12月契約価格を、2ヵ月連続値上げしている。

円安が進むと、ダブルパンチで輸入素材企業は値上げせざるをえない。原油も同じ動きだ。



 
   
   
  11月30日       〜 12月・鋼材全品種値上げ 〜

 
  
  21日、電炉大手の東京製鉄は、12月契約の鋼材全品種を引き上げるすると発表した。

一律で1トンあたり5000円。H形鋼は7万円、異形棒鋼は5万2000円。

原料炭などの製鉄原料が急騰、スクラップ価格も上昇、在庫は低水準であり、まだ値上げムードが漂う。

高炉メーカーはすでに値上げしている。





 
  10月18日      〜 11月・鋼材全品種据え置き 〜  

  
  17日、電炉大手の東京製鉄は、11月契約の鋼材全品種を据え置きすると発表した。

H形鋼は6万5000円、異形棒鋼は4万8000円。

高炉各社は追加値上げをしたい、東京製鉄は据え置きと戦略が反するが・・。



  
   9月23日      〜 10月・鋼材全品種値下げ 〜

 
  22日、電炉大手の東京製鉄は、10月契約の鋼材全品種を値下げすると発表した。値下げは7ケ月ぶり。

下げ幅は4〜13%。H形鋼は7000円引き下げ
6万5000円、異形棒鋼は4万8000円。

高炉各社は追加値上げを、東京製鉄は値下げと・・。ビックリ戦略、よき戦いが始まった?




  8月23日       〜 9月・鋼材全品種据え置き 〜 

 
  22日、電炉大手の東京製鉄は、9月契約の鋼材価格を全品種据え置くと発表した。

据え置きは3ヶ月連続。H形鋼は1トン7万2000円、異形棒鋼は5万4000円

在庫は20万トンを切っているが、国内需要は鈍い。

スクラップも先高観があり、メーカーは値上げしたい、需要家はまだまだと。



 
  6月21日       〜 7月・鋼材全品種据え置き 〜 

 
 
  20日、電炉大手の東京製鉄は、7月契約の鋼材価格を全品種据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万2000円、異形棒鋼は5万4000円、在庫も多く、国内需要は鈍い。

中国のゾンビ企業も息を吹き返した。

中国の粗鋼生産量、5月が7000万トン越えで最高水準、日本は年間で1億4000万トン、生産品は違いますが・・。



 
 
  6月10日       〜 ハルドックスセミナー開催 〜

  
  10日、スウェーデン大使館にて、ハルドックスセミナーが開催され、70名が参加した。

ハルドックス耐摩耗鋼板は、誕生してから今年42年目を迎えた。私もスウェーデンは、工場視察で3回訪問した。

今回は、新商品のハルドックス丸棒の研修会と懇親会。


 
 
懇親会・瀧上社長様の挨拶(バンケットルームにて)




 
   
  5月30日      〜 6月・H形鋼据え置き、棒鋼連続値上げ 〜

 
 
  16日、電炉大手の東京製鉄は、6月契約の鋼材価格を発表した。

H形鋼は据え置きの1トン7万2000円、異形棒鋼は3000円引き上げ5万4000円、3ヶ月連続の上げ幅は1万2000円。

需要回復ペースは鈍い。値上げの根拠がわからん。

新日鉄も価格を合わせたようだ。電炉大手の東京製鉄は、6月契約の鋼材価格を発表した。

H形鋼は据え置きの1トン7万2000円、異形棒鋼は3000円引き上げ5万4000円、3ヶ月連続の上げ幅は1万2000円。

需要回復ペースは鈍い。値上げの根拠がわからん。

新日鉄も価格を合わせたようだ。



   
 〜  2016 NEW環境展 開幕されました 〜


   5月24日(火)から27日(金)まで、東京ビッグサイトにて



SSABさんブースにて、小坂(左)と瀧上・新社長殿


2016年度の砕石・リサイクル機械展の環境展が開催され、


15万人が訪れ、成功裡に閉幕しました。




 会場風景


ブースへのお立ち寄りありがとうございました。




   
   
  4月19日       〜 5月・鋼材全品目を値上げ 〜  

  
 
  18日、電炉大手の東京製鉄は、5月契約の鋼材価格を全品種で引き上げると発表した。

H形鋼は5000円引き上げ1トン7万2000円、異形棒鋼は7000円引き上げ5万1000円。

在庫が増えているなか、熊本地震があったなか、値上げをするのか・・・。恥の言葉が悲しく聞こえる



 
  3月28日      〜 4月・異形棒鋼7%値上げ 〜

  
 
  22日、電炉大手の東京製鉄は、4月の異形棒鋼を1トン2000円(5%)引き上げると発表した。

異形棒鋼は4万4000円、H形鋼は据え置きで1トン6万7000円。

内需回復の遅れ、中国産との競争激化など、まだまだ続く。



 
   
  3月8日

 
  3月1日付にて、SSAB日本の山本社長さんが勇退され、新社長として瀧上社長さんが就任されました。


                           
                          
5月24日の環境展ブースにて、瀧上社長様(右)と




 
   2月25日       〜 3月・鋼材値下げ 4〜14% 〜 

 
  22日、電炉大手の東京製鉄は、3月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目で引き下げると発表した。

下げ幅は4〜14%で、5ケ月ぶり。

H形鋼は3000円安い1トン6万7000円、異形棒鋼は7000円(14%)安い4万2000円。

内需回復の遅れ、中国産との競争激化など、まだまだ流動的だ。




 
  1月22日        〜 2月・鋼材全品種・価格据え置き 〜        

  21日、電炉大手の東京製鉄は、2月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目で据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万円、異形棒鋼は4万9000円。

据え置きは4ヵ月連続、明るさが見えてこない・・・・。寡占化が始まる。神戸製鋼所はどうするのか・・・。




 
   
  2015年度 

                               

 
  12月22日        〜 来年1月・鋼材全品種・価格据え置き 〜

  21日、電炉大手の東京製鉄は、来年1月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目で据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万円、異形棒鋼は4万9000円。

据え置きは3ヵ月連続、デフレ基調が気になるが・・。




   
  11月17日       〜 12月・鋼材全品種・価格据え置き 〜

 
  16日、電炉大手の東京製鉄は、11月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目で据え置くと発表した

H形鋼は1トン7万円、異形棒鋼は4万9000円。据え置きは2ヵ月連続、大幅に引き下げた価格を維持する。

H型鋼の在庫は20万トンを切っているが・・・・。
 



   
  丸昌は、おかげさまで、10月15日に創業70周年を迎えました。

営業研修会の予定でしたが、昨年に引き続き、海外研修に行きました。


 
サイゴン大教会でワイワイ記念撮影



10月9日から11日まで、雨季のベトナムのホーチミンへ。


      
手漕ぎのメコン川下り                     フィナンシャルタワー



  成長著しい「新興国の今」を視察しました。




スウェーデン・スティール社殿より

当社優秀社員に表彰状をいただきました。

ご期待に答えるよう、今後も頑張ります。


 



   
   9月16日       〜 ついに10月・鋼材全品種値下げ、H形鋼7000円(9%) 〜


  15日、電炉大手の東京製鉄は、10月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目で大幅に引き下げると発表した。

H形鋼は1トン7万円で7000円(9%)、異形棒鋼は4万9000円で1万3000円(21%)の引き下げ。

チャイナ・ショック、鉄鉱石価格やスクラップ価格の急落、需要の回復の遅れなど、底辺の景気は、関東以外よくない。

高炉大手はどうするかが気になる。



 
  〜 スウェーデン鋼 ハルドックス・耐摩耗鋼板の未来地図 〜


誕生から40年、新たな旅立ちです。

(クリックお願いします)


 



   8月28日       〜  またまた9月も・鋼材全品種据え置き 〜

 
  18日、電炉大手の東京製鉄は、9月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは10ヵ月連続となる。

H形鋼の在庫は20万トン以下になったが、猛暑の影響で荷動きがよくない、

異形棒鋼も実勢価格は下がっているようだ。



 
  7月23日         〜  8月も・鋼材全品種据え置き 〜 

    
 
  21日、電炉大手の東京製鉄は、8月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは9ヵ月連続となる。

H形鋼の在庫調整が進展しているが、まだ20万トン以上ある、

中国経済の失速で、安い輸入品が流入、世界経済の影響が心配される。



 
   

   7月6日          〜  7月も・鋼材全品種据え置き 〜


 
   6月16日、電炉大手の東京製鉄は、7月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは8ヵ月連続となる。

H形鋼在庫は減少しているが20万トン以上ある。異形棒鋼は実勢価格6万円、中国は輸出を拡大中。




   
〜  2015 NEW環境展 閉幕 〜
   

クリックお願いします。 
 5月26日(火)から29日(金)まで、東京ビッグサイトにて


2015年度の砕石・リサイクル機械展の環境展が開催されました。



26日快晴です。


SSABスウェーデン・スティールさんも出展されました。


           

                    ブースにて                    山本・前社長(右側))さんと小坂
 
 
2015年環境展会場内

 お立ち寄り、ありがとうございました。





   
   5月19日        〜  6月も・鋼材全品種据え置き 〜

   
  18日、電炉大手の東京製鉄は、6月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは7ヵ月連続だ。

H形鋼の流通価格は、下落基調、在庫も減少しているが20万トン以上ある。

異形棒鋼は実勢価格6万円、スクラップ価格は下がったり上がったり、中国は輸出を拡大中。厳しい現実だ。




      
 
  5月3日           〜  5月も・鋼材全品種据え置き 〜     


  4月20日、電炉大手の東京製鉄は、5月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは6ヵ月連続だ。


H形鋼の流通価格はいまだ下落基調、在庫も20万トン以上ある。

異形棒鋼は実勢価格6万円、スクラップ価格は上昇中。




   

  2月17日          〜  SSAB社 3ヶ所・圧延センター売却  〜

 
  当社と取引のあるSSABスウェーデン・スティール社は、欧州委員会の承認をえて、

フィンランド、スウェーデンなど3ヶ所の圧延センターを、タタ製鉄ヨーロッパに売却すると発表した。

3ヶ所の従業員数は180名で、今後も採算性の向上を進めるようだ。




  2月23日          〜  3月 鋼材全品種据え置き 〜

 
  16日、電炉大手の東京製鉄は、3月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは4ヵ月連続だ。

アジア市場では鋼材価格が下落、鉄鉱石のスポット価格も5年ぶりの安値圏になった。



 
 
  1月20日          〜  2月 鋼材全品種据え置き 〜

 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、2月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは3ヵ月連続だ。

高炉大手の新日鉄と価格差が発生しているようだ。


スウェーデン鋼は急激な円安であったが、価格は落ち着いているようだが・・・・。







  
     お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681


   

 
2014年度
                               

  12月16日          〜  来年1月 鋼材全品種据え置き 〜

 
  15日、電炉大手の東京製鉄は、来年1月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。据え置きは2ヵ月連続だ。


高炉大手の新日鉄と価格差1000円が発生しているようだ。



 
  11月18日          〜  12月 鋼材全品種据え置き 〜

     
 
  17日、電炉大手の東京製鉄は、12月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万7000円、異形棒鋼は6万2000円。

現場渡しでは1000円値上げしたようだ。


高炉大手の新日鉄と価格差が発生している。


 
  10月21日          〜  11月 鋼材全品種値下げ 〜 

  
 
  20日、電炉大手の東京製鉄は、11月からH形鋼など鋼材販売価格を全品目、3000円引き下げると発表した。

9月までは、H形鋼の2割減産、鉄スクラップの価格上昇、H形鋼在庫の減少と、値上げムードであったが、

10月市況は激変で、中国の需要不振でアジアの鋼材の値下がり、建設工事停滞による在庫の増加、

鉄スクラップ価格の下落など、マイナス要因ばかりだ。


値下げは2年4ヶ月ぶりになる、


日本経済を停滞させてはならない。



  
 


 
  10月1日         〜  H型鋼 10月据え置き 〜          

 
  9月22日、電炉大手の東京製鉄は、10月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

9ヶ月連続の据え置きとなる。しかし、鉄スクラップ価格が上昇中、H形鋼在庫は減少、円安などの要因で値上げがちらつく。

H形鋼価格は8万〜8万2000円で推移している。

 


  8月22日         〜  H型鋼 9月据え置き 〜 

 
 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、9月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

8月は火災によりH形鋼を2割減産する。鉄スクラップは、1トン3万2000円と2%上昇、

H形鋼在庫は高止まり中。H形鋼・市中価格は、1トン8万〜8万2000円で推移している。



 
  7月23日             〜  H型鋼 8月据え置き 〜  

 
 
  22日、電炉大手の東京製鉄は、8月のH形鋼など鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。

在庫の高止まりや鉄スクラップの下落などと思われる。




 
  6月18日            〜  鉄鉱石スポット価格の今昔  〜 

 
 
  鉄鉱石のスポット価格が一段安となり、1トン90ドルを割り込んだ。13年末の140ドルから35%ダウンした。

スウェーデン鋼を扱って20年ほどなるが、鉄鉱石1トン一桁ドルが二桁に突入、2003年の13ドルから上昇、乱高下しながら、

2011年に1トン187ドル、12年に99ドルと下げ、13年150ドルと上げ現在89ドル


日本のGDPはこの10年成長していないが・・・。


16日、電炉大手の東京製鉄は、7月の鋼材販売価格を全品目据え置くと発表した。



 
  6月6日更新  5月19日、  5月1日
 
  〜 2014NEW環境展が閉幕  〜


 
 


  2014年度の「2014NEW環境展」が5月27日(火)から30日(金)まで

東京ビッグサイトで開催されました。



 スウェーデン・スティールさんも東2ホールのA-1004ブースにて展示しました。





左、山本・前社長さんと、後方は上海からヤン嬢。




お立ち寄り、ありがとうございました。




 
 
HARDOX HARDOX HARDOX
400 450 
500
硬       度    
ブリンネルAB 360-440 425-475 450-540
厚       み 4-130mm 4-80mm  4-80mm
   
衝撃・強さ        
シャルピーV    
圧延方向 -40℃ 45J 35J 30J
   
機械耐強度
降伏強さ 1000N/mu 1200N/mm 1300N/mu
引張強さ 1250N/mu 1400N/mm 1550N/mu
伸び 10%  10%  8%
炭 素 当 量    
(20mm厚) 0.38 0.58
 
   
 
    お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681




  5月21日             〜  SSAB 浮体式風力設備を共同開発 〜

  
 
   
スウェーデン鉄鋼大手のスウェーデン・スティール社(SSAB)は、風力発電設備大手のヘキシコン社と

浮体式風力設備
を共同開発すると発表した。


SSAB社が持つ高強度鋼板の技術を生かし、過酷な自然条件でも安定して発電する設備を目指す。

2017年運用する計画だ。




  5月20日更新、 16日      〜  H形鋼価格の今昔 〜 

        
 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、6月の販売価格を全品目据え置くと発表した。



5月16日


建設の景況感が表われるH形鋼、4月末在庫が半年ぶり減少した。20万トンが目安であるが、現在22万8500万トン。

値上げしたいが、値上げできず。20万トン以下になるまで我慢我慢である・・・・か。

市中価格は、1トン80000〜82000円。価格据え置きと思われるが・・・。



 
  2月18日            〜  東鉄 鋼材価格据え置き 〜

 
  17日、電炉大手の東京製鉄はH型鋼など主要鋼材の2月販売価格を据え置くと発表した。

H型鋼・1トン8万円、異形棒鋼・6万5000円。


鋼板の市中価格は上昇中であるが、鉄鉱石の国際価格は1トン120ドルと下落している。




 
   
  2月4日(1月28日更新、27日)  〜  スウェーデンSSAB、ラウタルーキと経営統合 〜

 
  1月23日、スウェーデン・スティール社は、5月初旬をめどに経営統合すると発表した。

売上高は1兆円、粗鋼生産能力は年間880万トンとなる。

合理化で14億クローネ(約220億円)のコスト削減を見込めそうだ。

日本市場での販売は従来通り。(2月4日更新)



1月22日、当社と取引のあるスウェーデン・スティール社は、

フィンランドの鉄鋼メーカー、ラウタルーキ社に101億クローナ(約1620億円)の買収案を提示した。



 
   


   1月27日        〜  東鉄 2月・鋼材価格据え置き〜

 
  20日、電炉大手の東京製鉄はH型鋼など、主要鋼材の2月販売価格を据え置くと発表した。


H型鋼は1トン8万円、異形棒鋼は6万5000円。


厚板は7万5000円。熱延コイルは6万6000円。



新日鉄住金は、H型鋼を1月に値上げしている(4ヶ月ぶり)。価格差は微妙で両社強気である。




 
     お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681

   
  2013年度

 
  12月17日        〜  東鉄 主要鋼材値上げ 2ヵ月連続〜 


  16日、電炉大手の東京製鉄はH型鋼など、主要鋼材の来年1月販売価格を1〜3%引き上げると発表した。


H型鋼は1000円(1%)高い1トン8万円、異形棒鋼は2000円(3%)高い6万5000円、

厚板は2000円(3%)高い7万5000円。


熱延コイルは6万6000円と据え置いた。





 
   
  11月20日        〜  東鉄 鋼材全品種値上げ 〜 

  
  18日、電炉大手の東京製鉄はH型鋼など、鋼材全品目の12月販売価格を2〜5%引き上げると発表した。


H型鋼は3000円(5%)上げ1トン7万9000円、異形棒鋼は3000円上げ6万3000円、

熱延コイルは2000円(3%)上げ6万6000円。


14日に日鉄住金スティール3%の値上げを発表した。高炉大手の日鉄住金据え置いた


鉄スクラップ価格の上昇、需要が伸びているので強気だ。




  
   


  10月15日        〜 素材の値上げ 〜 

 
 
  10月、神無月、日本全国の神々が10月出雲の国にお集まりになり、神様が留守になるそうだ。


素材の値上げが続きそうだ。


東鉄は、H型鋼を10月出荷分から
2000円値上げ(新日鉄住金は見送ると発表)、1トン7万6000円

異形棒鋼も2000円値上げで、6万2000円。


砕石機械の耐摩耗品も、円安、輸入素材の急騰で、値上げ要請が続いている。


商社の神様は何処に・・・。



 
 
〜 第20回目の丸昌・営業研修会 〜



2年ぶり、第20回目の丸昌・営業研修会を2013年9月6日と7日に


大阪のクロス・ウェーブ梅田で開催しました。


 
                 
 

3・11東日本大震災から2年6ケ月が過ぎました、まだまだ厳しい業界ですが、


2020年に東京オリンピック開催が決定し、リニアも動きだして、


我々業界に、よき風が吹いてきました。



今後とも、皆様の、よきご指導、ご鞭撻を、お願い申し上げます。
 




スウェーデン・スティール社殿より
当社優秀社員に表彰状をいただきました。 




公共事業は子孫への贈り物・・・



 
  8月21日         〜  東鉄 厚鋼板6ケ月ぶり値上げ 〜 


  19日、電炉大手の東京製鉄は9月の厚鋼板価格を引き上げると発表した。

厚鋼板は、1トン6万9000円と前月比2000円引き上げる。


H型鋼は、先月、実売価格を1トン3000円値上し、1トン7万4000円、異形棒鋼は6万円としている。


鉄鉱石原料価格も上がりつつある。



 
  7月23日        〜  東鉄、H形鋼の実売価格値上げ 〜 

  22日、電炉大手の東京製鉄は8月の鋼材価格を建設用5品種で実売価格を引き上げると表明した。

建値は、H型鋼は1トン7万4000円、異形棒鋼は6万円であるが、実売価格を1トン3000円値上げする。


鋼板類は据え置く。ややこしい価格体系になったが、高炉メーカーに追随した様子。


中国の大手鉄鋼メーカーも値上げに動くようだ。




 
  7月12日        〜  新日鉄住金、鋼材価格値上げ、4ヶ月ぶり 〜

 
 
  高炉大手の新日鉄住金はH型鋼の価格を7月受注分から1トンあたり3000円値上げする方針を打ち出した。


電炉大手の東京製鉄も円安とスクラップ価格が上昇に転じ、追随せざるを得ないと思われるが・・・。




 
  6月20日       〜  東鉄、鋼材価格据え置き・4ヶ月連続 〜 

 
  6月17日、電炉大手の東京製鉄は7月の鋼材価格を全品種で据え置くと表明した。

H型鋼は1トン7万4000円、異形棒鋼は6万円、熱延鋼板は6万5000円、4ヶ月連続だ。


鉄鉱石のスポット価格は下落中、鉄スクラップも下落中、宝鋼集団は、2ヵ月連続で鋼材値下げ。

国内では、円安で値上げしたいが、国際市況環境がよくない。八方塞だ。
 


スウェーデン・スティール本社もアジア市況を重視しているが、値上げはあるのだろうか・・・。



   
  6月5日更新、23日、14日。        
   〜 2013NEW環境展 閉幕 〜


  5月21日(火)から24日(金)まで2013NEW環境展が

東京ビッグサイトで開催されました。


晴天で入場者数は16万人をこえました。









M4−309ブースの展示


スウェーデン・スティールさんもM4−309にて展示しました。



               
2日目の会場風景                            開場前・山本・前社長さん(左)と小坂



ブースへのお立ち寄り、ありがとうございました。






 
  5月1日                   
   〜 バウマミュンヘン2013が閉幕した 〜


   


   際的な建設機械展、バウマミュンヘン2013(3年毎)が

4月15日から21日まで、新ミュンヘン国際見本市会場開催された。



4月15日快晴 撮影小坂浩太


2010年度はアイスランドの火山灰で当社役員が渡欧できなかったが、

2013年度は入場者は54万人、出展社数は、57ヵ国から3420社が参加し、

成功裡に閉幕となった。



       
当社の小坂                             


当社と取引のある
スウェーデン・スティールさんも出展され

15日と16日ブースにて小坂(浩太)がお待ちしました。




   
   
  3月19日            〜 東鉄 H型鋼など全品種 据え置き 〜

 
 
  18日、電炉大手の東京製鉄は4月契約価格を据え置くと発表した。据え置きは4ヶ月ぶり。

H形鋼1トン7万4000円、異形棒鋼が6万円、熱延鋼板は6万5000円

高炉メーカ
ーの値上げに追随せず、様子見とした。需要は静かだ。





 
   3月18日            〜 新日鉄住金 H型鋼 7%値上げ 〜

  14日、高炉大手の新日鉄住金は、H形鋼を4月出荷分から1トンあたり5000円(7%)引き上げると表明した。

鉄鉱石の4〜6月価格が1〜3月より3割上昇円安と2重パンチで上げざるを得ないが、需要は静かだ。

電炉メーカーも追随すると思われる。





  2月19日             〜 東鉄 鋼材2ヵ月連続値上げ 〜

 
 
  18日、電炉大手の東京製鉄は3月契約価格を3〜5%引き上げると発表した。H形鋼が3000円アップの1トン7万4000円

異形棒鋼が3000円アップの6万円、熱延鋼板は2000円アップの6万5000円

熱延鋼板の東南アジア向け輸出も再開、国内では需要が戻りつつあると発表したが、業界は依然厳しいと思うのだが。

高炉メーカーも歩調を合わすのか・・・。




  2月15日               
    〜 バウマミュンヘン2013が開催される 〜


   


 
 国際的な建設機械展、バウマミュンヘン2013(3年毎)が

4月15日から21日まで、新ミュンヘン国際見本市会場開催される。



2010年はアイスランドの火山灰で渡欧できなかったが、

入場者は42万人、出展社数は、50ヵ国から3256社が参加した。



当社と取引のある
サンドビックさん、スウェーデン・スティールさんも

参加されます。お立ち寄りください。





クリックお願いします
 
 
  1月23日           〜 東鉄 2月の鋼材価格値上げ 〜

  21日、電炉大手の東京製鉄は2月契約価格について全品種を引き上げると発表した。

高炉大手の新日鉄住金が先週約5%の値上げを表明し追随したようだ。すべての品目で3000円引き上げる

H形鋼が1トン7万1000円、異形棒鋼が5万7000円、熱延鋼板は6万3000円

熱延鋼板の東南アジア向け輸出も今月成約し、国際価格の上昇と急な円安神風で一息つけそうだ。業界は依然厳しいが。






 
     お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681

  2012年度

 
   

 〜 バウマチャイナ2012が開催された 〜

 
 
 


 11月27〜30日まで、バウマチャイナ2012が上海で開催された。

11月27日のオープンの日に視察しました。

朝から太陽が顔をだし、寒さも和らぎ、展示会びよりになりました。



         
交通規制で歩くこと、10分。会場前に到着し記念撮影             




2年毎の世界建設機械見本市、尖閣問題による日中関係悪化で

建機メーカーのコマツ、日立建機、コベルコが出展を取りやめ、(やめさされ)

中国の建機大手である三一集団のみが目立ったバウマチャイナでした。








主催者の発表では、入場者数は16%増の、18万人。

海外からは、ロシア、韓国、インド、マレーシア、次に日本。



出展者数は46%増の、38ヶ国から2718社。中国から1837社で、

次にドイツの172社、イタリア122社、日本は5番目の49社との事。



2012年度の
敷地面積が約30万平方メートルと30%増となった。


次回開催は、2014年11月25日(月)から28日まで。




  スウェーデン・スティール社は、N4−228にて展示しました。


          
SSAB展示の全景                        右端にアジア担当のロバートさん




視察レポートは、後日アップします。お待ちください。


                            

 

  
  10月23日         〜 東鉄 11月も鋼材価格据え置き 〜

  
 
  22日、電炉大手の東京製鉄は11月契約価格について全品種を前月から据え置くと発表した。

H形鋼が1トン6万8000円、異形棒鋼が5万4000円、熱延鋼板は6万円。厳しい経営環境が続く鉄鋼業界。

スクラップや鉄鉱石も下落しているが、下げられない。


爆食の中国が体調不良で「鉄鋼業界の憂鬱」「日本経済の憂鬱」になり「世界経済の憂鬱」になる。

高炉メーカーも同じである。




  10月3日              〜 新日鉄住金が誕生 〜 

  10月1日に、鉄鋼トップの新日本製鉄と3位の住友金属工業が合併し新日鉄住金が誕生した。

世界の粗鋼生産量で2位に浮上した。1位は買収を繰り返したミッタル(インドネシア・現在はルクセンブルグ)。

1位の粗鋼生量は9720万トン、2位の新日鉄住金は半分の4611万トン

9位のJFEスティール(NKKと川崎製鉄が合併)は2990万トンだ。

日本の年間粗鋼生産量は約1億トン、中国は約7倍の7億トンと引き離されている(商品が違うが)。


今後も寡占化は続き、「鉄鋼業界の憂鬱」は続く。

スウェーデン・ステール社も同じではあるが・・・・。



  
  9月20日                
   
  〜 2012・丸昌の海外研修会 〜 



皆さん、笑顔でお願いします・・ 
 
 2年ぶり6度目の海外研修会を、9月14日から16日まで

台湾の台北にて、開催しました。
 
 
スウェーデン・スティール社殿より
当社優秀社員に表彰状をいただきました。 





  9月19日        〜 東鉄 鋼材価格据え置き 〜

   
  18日、電炉大手の東京製鉄は10月契約価格について全品種を据え置くと発表した。

H形鋼が1トン6万8000円、異形棒鋼が5万4000円、熱延鋼板は6万円。厳しい経営環境が続く鉄鋼業界。

中国の反日デモの影響は大で、「鉄鋼業界の憂鬱」「日本経済の憂鬱」になりつつある。


 
  8月27日         〜 東鉄 全品種を値上げ 〜  

  20日、電炉大手の東京製鉄は9月契約価格について全品種を値上げすると発表した。

上げ幅は前月比3〜5%。H形鋼が1トン6万8000円(3000円アップ)、

異形棒鋼が5万4000円(2000円アップ)、熱延鋼板は6万円


厳しい経営環境、市況低迷での値上げで、鉄鋼業界の憂鬱は続くと思われる。高炉メーカーも同じだが・・・。





 
    8月21日、一部薄板在庫が品薄になりご迷惑をお掛けしましたが

適正在庫に戻りつつあります。(メーカー談)




 
  7月27日          〜 鉄鋼業界の憂鬱 〜 

 
 
  製鉄原料のスポット価格が下落している。原料炭のスポット価格は1トン188ドル(日本調達価格225ドル)前後

で2年7ケ月ぶりの安値


豪州産鉄鉱石の中国向けスポット価格は111ドル(日本調達価格136.5ドル)前後で7ケ月ぶりの安値

日本向け10〜12月の価格は10%前後下落するであろう。


爆食中国の体調不良、鋼材市況の低迷、為替など「天国か地獄か」わからない鉄鋼業界の憂鬱が続く

10月に誕生する新日鉄住金にとっては神風であろう。高炉メーカーが笑い、電炉メーカーが泣く・・?



 
   
2012NEW環境展のブース


  7月18日         〜 東鉄 一部薄板を値上げ 〜 

  17日、電炉大手の東京製鉄は8月契約価格について熱延鋼板(カットシート)など、

4品目を1トン1000〜2000円値上げすると発表した。


主力のホットコイルやH型鋼は据え置いた。H形鋼が1トン6万5000円、

異形棒鋼が5万2000円で2年半ぶりの安値水準のまま。


厳しい経営環境と思われる、高炉メーカーとの価格差が気になるが。限界ではなかろうか・・・・。






 
  7月13日現在、スウェーデン鋼の一部薄板が、震災需要で品薄ぎみですが

欠品発生のなきよう努力しています。(メーカー談)




 
   
  6月28日         〜 東鉄 H型鋼など最大で11%値下げ 〜 

 
  6月18日、電炉大手の東京製鉄は7月契約価格を最大で11%引き下げると発表した。


下げ幅はH形鋼が1トン8000円(11%で)6万5000円に、異形棒鋼が3000円(5%)で5万2000円などで

2年半ぶりの安値水準になる。


鉄スクラップの下落、販売不振が主な要因、高炉メーカーとの価格差が気になるが。



  
  5月26日
 
 
 〜 2012NEW環境展が閉幕 〜



 
2012年5月22日から25日まで、東京ビッグサイトにて、

2012NEW環境展が開催されました。






開会初日は、雨、風強く、また寒くと天候は最悪。しかし、2日目は、快晴、暖かくと展示会日和となり、主催者側も

安堵されていました。
 

  〜  当社が取り扱っているスウェーデン・スティール社さん 〜


(ブース A−121)



後方で山本・前社長さんが説明中、記念写真をパチリ。

(撮影 丸昌 小坂佳三)










            

2日目の会場内風景、多数の来場者でした


スウェーデン・スティール社のブースに、お立ち寄りくださいまして、

ありがとうございました。






 
 
  5月25日       〜 東鉄 H型鋼など全鋼材・6月も据え置き 〜 

 
  21日、電炉大手の東京製鉄は、H形鋼など全鋼材の6月契約価格を据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万3000円、異形棒鋼が同5万5000円。薄鋼板の熱延コイルは同6万円。

前月に続いて価格改定を見送った。国内需要は、いまだ弱いと思う。



 
  5月2日            〜 東鉄 H型鋼など全鋼材・据え置き 〜

 
  4月24日、電炉大手の東京製鉄は、H形鋼など全鋼材の5月契約価格を据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万3000円、異形棒鋼が同5万5000円。薄鋼板の熱延コイルは同6万円。

2ヵ月連続の値上げは見送った。

国内需要は全体的には弱いと思うので、よき判断だ。


 
  4月13日          〜 2012NEW環境展 開幕されます 〜
                            (クリックお願いします)

 
                            

  2012年5月22日から25日まで、東京ビッグサイトにて、2012NEW環境展が開催されます。


当社が取り扱っている
スウェーデン・スティール社さんのブースにお越しいただきますよう。お願い申し上げます



  3月20日            〜 東鉄 H型鋼など値上げ 〜

  19日、電炉大手の東京製鉄は、H形鋼など鋼材の4月契約価格を2〜4%引き上げると発表した。

H形鋼は1トン7万3000円、異形棒鋼が同5万5000円。造船向けの厚板は据え置いた。

新日鉄の値上げに追随したようだ。市況は明るくないが・・・・


 
  3月15日            〜 新日鉄・H型鋼 1年ぶり値上げ 〜 

  3月14日、高炉大手の新日本製鉄は、H形鋼の販売価格を今月契約分から約5%、3000円引き上げると発表した。

値上げは昨年3月以来、1年ぶり。4月以降も再値上げを検討している。それに対し、

電炉大手の東京製鉄は、この2ヵ月据え置きしており、4月契約分を値上げするのか、

日本経済の状況が気になるところだ。


 
  2月24日          〜 東鉄 3月も・H形鋼など据え置き 〜

 
 
  21日、電炉大手の東京製鉄は、建設用H形鋼などの3月契約分価格を据え置くと発表した。




 
  1月30日          〜 東鉄 H形鋼など据え置き 〜 

 
  23日、電炉大手の東京製鉄は、建設用H形鋼などの2月契約分価格を据え置くと発表した。

H形鋼は1トン7万1000円、異形棒鋼が同5万3000円。厚板は同6万5000円。


 
   
  2011年度 


  12月20日        〜 東鉄 H形鋼など3ヶ月ぶり値上げ 〜

 
  電炉大手の東京製鉄は、H形鋼など建設用一部鋼材を来年1月に3ヶ月ぶりに値上げすると発表した。

H形鋼は2000円(3%)値上げの1トン7万1000円、異形棒鋼が同5万3000円。

熱延コイルと厚板は据え置いた。




 
  12月1日         〜 東鉄 H形鋼など12月も値下げ 〜 

 
  11月21日、電炉大手の東京製鉄は、H形鋼など建設用鋼材全品目を12月から5000円引き下げると発表した。

値下げは2ヵ月連続だ。H形鋼が1トン6万9000円、異形棒鋼が同5万円。

鉄スクラップや高炉原料の鉄鉱石の国際価格の値下がりが止まらない、

欧州危機、生産過剰による需要の緩みなど。12月が底値か・・・。



 
   10月18日        〜 東鉄 H形鋼など全建材値下げ 〜  

  
  電炉大手の東京製鉄は、10月17日に、H形鋼など建設用鋼材全品目を11月から5〜8%値下げすると発表した。

H形鋼が5000円引き下げ、1トン7万4000円、異形棒鋼が同5万5000円。

鉄スクラップや高炉原料の鉄鉱石の国際価格の値下がり(スポット価格1ドル152ドルの12%ダウン)、

欧州危機によるアジア市場の減速見通しなどで。価格が安定しないのも日本経済の弱さか。



  
   

〜 第19回目の丸昌・営業研修会 〜

2年ぶり、第19回目の丸昌・営業研修会を2011年9月9日と10日に

大阪のクロス・ウェーブ梅田で開催しました。
 

居眠りはしていませんか・・ 

3・11東日本大震災から6ケ月が過ぎました、まだまだ厳しい業界ですが

「よいものを安く」の合言葉で頑張っています。


今後も皆様の、よきご指導、お願い申し上げます。
 

スウェーデン・スティール社の瀧上課長殿より

当社優秀社員に表彰状をいただきました。 



   
  9月21日              〜 東鉄 H形鋼など全建材値上げ 〜

 
  電炉大手の東京製鉄は、9月20日に、H形鋼など建設用鋼材全品目を10月から3〜7%値上げすると発表した。

H形鋼が5000円アップの1トン7万9000円(スポット価格は7万6000円であった)、

震災時の8万1000円に迫る。高炉メーカーも追随すると思われる。




  
  8月18日           〜 鉄鉱石 高値のまま 〜

 
  鉄鉱石の輸入価格が高値のまま、10〜12月期に突入しそうだ。

昨年の4月、オーストラリア産鉄鉱石1トンあたり60ドル前後が120ドル前後と2倍に急騰した。

今年6月にはスポット価格が162ドル前後になり、7月には170ドル付近まで上昇。下がる気配がない。

中国が依然爆食中が原因。10〜12月期は、1トン167ドル前後と言われているが・・・・。

日本には厳しい状況が続く。




 
  7月21日         〜 東鉄 8月もH形鋼・据え置き 〜

 
  19日、電炉大手の東京製鉄は、8月の契約価格を2ケ月連続で全品目据え置くと発表した。

H形鋼が1トン7万6000円、厚板が7万4000円、異形棒鋼は5万9000円。

建設需要の不振と円高による輸出減少などで値上げを見送った。

スウェーデン鋼については、スウェーデン・スティール社が11日に、8月出荷分から2〜3%の値上げを発表している。



 
  7月11日             〜 スウェーデン鋼・8月より値上げへ 〜

  11日、スウェーデン・スティール社(スウェーデン鋼)は、8月出荷分より2〜3%値上げすると発表した。

原料の石炭・鉄鉱石が最高値を更新しており、世界では、すでに値上げしていたが、

日本の場合は、3・11後の復旧、復興のなかで、のびのびになっていた。




 
  6月21日          〜 東鉄 7月のH形鋼・据え置き 〜

 
  20日、電炉大手の東京製鉄は、7月の契約価格を全品目を2ケ月ぶりに据え置くと発表した。

H形鋼が1トン7万6000円、厚板が7万4000円、異形棒鋼は5万9000円。

3・11後、鉄スクラップは6月に下げ止まっている。

高炉メーカーは、原料の石炭・鉄鉱石価格が最高値を更新しており、厳しい状況が続いている。


スウェーデン鋼については、3・11後の日本経済の低迷を見込み随時検討中であるが、世界では値上げしている。

日本経済の復興を願いう本国の思惑もある・・・・・・。



 
  6月3日           
 
 〜 2011NEW環境展 閉幕しました。 〜 




  
日 時      5月24日〜27日

会 場      東京ビッグサイト


多数のご来場ありがとうございました。




スウェーデン・スティール社のブース


スウェーデン・スティール社、A-604ブースにてお待ちしました。



 
  5月20日          〜 東鉄 6月のH形鋼を値下げ 〜

 
 
  16日、電炉大手の東京製鉄は、6月の契約価格を全品目を7ケ月ぶりに引き下げると発表した。

H形鋼が1トン7万6000円、厚板が7万4000円、異形棒鋼は5万9000円。値下げは1トン当たり5000円と大幅だ。

3・11後、鉄スクラップは下がり、需要低迷、在庫は増し、だが鉄鉱石価格は最高値。

高炉メーカーの動きは強気であるが・・・・・。



  
  4月19日            〜 東鉄 5月もH形鋼・据え置き 〜

  18日、電炉大手の東京製鉄は、5月の契約価格を全品目で据え置くと発表した。

据え置きは2ヵ月連続。H形鋼が1トン8万1000円、厚板が7万9000円、異形棒鋼は6万4000円。

震災後の公共工事の一時中止や延期、建設向け需要が低迷しているため。ただスポット価格は引き上げる

高炉メーカーの動きは・・・・・。

スウェーデン鋼価格については、震災後の状況対応で流動的だ。



 
  3月23日             〜 東鉄 H形鋼を据え置き 〜 
 
  22日、電炉メーカー最大手の東京製鉄は、4月の契約価格を全種目で据え置くと発表した。

H形鋼が1トン8万1000円、厚板が7万9000円。被災地向けの資材については最優先で生産する。

高炉メーカーの動きは・・・。




 
  2月25日               〜 新日鉄・H型鋼値上げ 〜 
 
  15日、高炉メーカーの新日本製鉄は、H形鋼の2月契約価格を3ヶ月連続で値上げすると流通業者に通知した。

1トン8万2000円〜8万5000円
程度と思われる。

電炉メーカーの東京製鉄も22日に3月契約価格を前月比3〜5%引き上げると発表した。

H形鋼の上げ幅は、1トン3000円で
8万1000円
となる

4〜6月には鉄鉱石や原料炭などの価格が、またまた上昇するとみられ、気になるところだ。

世界から孤立する日本デフレの中の値上げは、国内市場ではキツイが、世界情勢もあり、手が打てない。



 
  1月25日                 〜 東京製鉄・3〜5%値上げ 〜
 
  24日、電炉大手の東京製鉄は2月契約価格を前月比3〜5%引き上げると発表した。

2ヵ月連続の値上げだ。H形鋼の上げ幅は1トン3000円で7万8000円となった。

異形棒鋼は3000円アップの6万1000円とした。高炉大手と微妙な価格差が出る模様。




  
2010年度

 
  12月21日               〜 東京製鉄・10〜13%値上げ 〜 

  20日、電炉大手の東京製鉄は来年1月契約価格を前月比10〜13%引き上げると発表した。

代表的なH形鋼の上げ幅は1トン8000円(12%)で7万5000円となった。

異形棒鋼は6000円アップの5万8000円とした。

スウェーデン鋼は価格据え置き
の考えだが、SSAB本社のトップ人事が変わり流動的だ。


 
  12月1日(更新) 11月18日 
 
 〜 バウマ上海2010が閉幕(2年毎) 〜

 

第5回目の「バウマ上海2010」が11月23日から26日まで上海新国際見本市会場にて

開催された。出展企業は30か国、1700社。来場者は12万人規模。

     
当社の小坂                      SSABのブース

当社と取引のある、スウェーデン・スティール社とサンドビック社も展示した。

スウェーデン・スティール社から
瀧上課長と当社から小坂(取締役本部長)が

E6・510ブースにてお待ちしました。




 
 
  12月6日                〜 来年、鋼材価格値上げか 〜
 
 
  JFEスティールは2011年1〜3月期の国内価格を1トンあたり3000〜5000円引き上げる見通しだ。

2010年10〜12月期より8%アップの鉄鉱石が1トン137ドル、原料炭が1トン225ドルとなるため。

スウェーデン鋼は価格据え置きの考え。



 
  10月20日                 〜 鋼材価格引き下げ 〜

  10月18日、電炉大手の東京製鉄は11月契約の鋼材価格を10月比で4〜10%下げると発表した。

H形鋼は5000円下げ、1トン6万7000円。厚板は3000円下げ、6万8000円とする。

BHPビリトンとリオ・ティントが事業統合計画の断念を発表した。日本には、よいニュースだ。



  9月28日                  〜 鋼材価格据え置き 〜

  9月21日、電炉大手の東京製鉄は10月契約の全鋼材を据え置くと発表した。H形鋼は1トン7万2000円。

厚板は7万1000円。

スウェーデン鋼は品薄状態が続いていますが、11月入荷で調整中です。



7月12日                  
   〜 ヒルヘッド2010 閉幕 〜

   

ヒルヘッド2010視察レポート
クリックお願いします

 視察レポート
    
6月21日 全景写真                実機稼動スタンバイ
イギリスのヒルヘッドで1年遅れ、3年ぶりに(6月22日〜24日)ヒルヘッド2010が開催されました。

SSABスウェーデン・スティール社も屋内展示会場で参加しました




ハルドックスをPR




6月1日               〜 スウェーデン鋼 価格改訂の件  〜

 
5月25日にSSAB スウェーデン・スティール社は、スウェーデン鋼を6月出荷分から値上げすると発表した。

品薄状態の中の値上げで厳しいものがあるが、世界の鉄鉱石価格の上昇により認めざるを得ない。






5月20日                 〜 鋼材輸出価格 上昇 〜

FEスチールは7〜9月期の鋼材の輸出価格について、4〜6月期と比べ、1トンあたり1〜2割の値上げを要請する。

鉄鉱石価格が四半期ごとの交渉となったため、今後の鋼材価格の決め方が変わる。



5月17日(4月27日の追記)

スウェーデン鋼・ハルドックス500・ハルドックス400が順次、入荷中です。

                               
各支店までお問い合わせください。




4月28日     〜2010上海万博  5月1日から10月31日まで開催されます〜



SSABスウェーデン・スティール社は上海万博にあたり

スウェーデン館の屋根や外壁に協賛しています



           
            5月6日上海万博のスウェーデン館前にて記念撮影。入場者は12万人ぐらいか。広い会場でした。

    中国館と日本館は見る価値あり、中国は国宝の絵巻物とデジタル。

日本は最新のデジタル画像とテクノで
中国人もびっくり


〜 上海万博レポート(社長の独り言 5月12日付です) 〜

(クリックお願いします)


5月6日 上海万博にて日本館をバックに





4月27日       〜スウェーデン鋼・ハルドックス500番の厚鋼板が欠品に〜

スウェーデン鋼・ハルドックス500の19mm以上の厚板が欠品になった。

ヨーロッパや急激な中国の需要回復で日本まで、まわって来ない現実があった。なぜだ。この2ヶ月の出来事だ。

お客様に、ご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。

ハルドックス400は、もっとひどい状況で薄板までも欠品がでている。

シンガポールから応援してもらっているが、スウェーデン本国からの船待ち、「他の国に下ろすな」の交渉中。



4月26日                 
  〜 バウマ2010が閉幕 〜



4月19日〜25日まで、ドイツのミュンヘンにて3年ぶりにバウマ2010が開催されました


20日、スウェーデン・スティールのブースにて丸昌は日本の皆様を歓迎ビールでお待ちする

予定でしたが、アイスランドの火山灰による飛行制限で渡欧できず

申し訳なく思っております。

               
バウマ2010屋外展示会場  バウマHPより


3月30日                     〜 鉄鉱石9割値上げ 〜

新日鉄はヴァーレと、4〜6月期の鉄鉱石価格を前年より90%前後高い1トン約105ドルで暫定合意した。

年間約5700億円のコスト増になる。

29日、中国当局にスパイ容疑で拘束、起訴されていたリオ・ティントの上海駐在のスターン・フー氏と

3人の社員に判決が言い渡された。「産業スパイとわいろを受け取った」とし、懲役10年と財産没収・罰金100万元。

リオは4人を「行動規範に反した」として解雇した。

民主主義国家では、理解できない判決だ。人質か恩赦か、真実はいかに。



オクセルスンド工場の夜景

2月19日              〜 1月の粗鋼生産量 36.8%増 〜


日本鉄鋼連盟が18日発表した1月の粗鋼生産量は、前年同月に比べ36.8%増の872万トンだった。

前年度は8750万トンの
26.3%減であったので、今年度は1億トンペースを維持したい。

自動車向けと輸出が好調のようだ。


スウェーデン鋼も出荷好調で、生産も増産体制にはいった。

中国市況が急回復したため、日本での欠品がなきよう注意しているが・・・。




1月29日               〜 世界の粗鋼生産、8%減 〜

009年度の世界の粗鋼生産は前年比8%減の12億1970万トンで2年連続前年割れとなった。

首位の中国の生産量は
5億6780万トンと13.5%増で過去最高を更新、世界のシェアは46.6%となった。

2位の日本は
8750万トンと26.3%減で、中国は日本の6.5倍の生産だ(生産品が違うが)。

5位のインド
5660万トンと2.7%増であった。


SSABスウェーデンスティール社(スウェーデン鋼)も1月1日より新体制が発足し、アジア戦略に力をいれる。




1月20日               〜 H形鋼価格、5ヶ月ぶり上昇 〜


18日に電炉最大手の東京製鉄は、2010年2月契約分の一般流通価格を1トンあたり3000円引き上げる。

H形鋼は1トン6万6000円。鉄鉱石価格が上昇しており、他社も追随する模様




  お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681


   
2009年度

12月18日                〜 H形鋼価格、またまた下降 〜


電炉最大手の東京製鉄は、2010年1月契約分の一般流価格を1トンあたり2000円引き下げる。

H形鋼は1トン6万3000円で04年2月以来の安値になる。

民主党の公共工事抑制で市場に活気がなく、現況価格は厳しいようだ。



11月19日                  〜 H形鋼価格据え置き 〜

電炉最大手の東京製鉄はH形鋼の12月契約価格を据え置く。1トン6万5000円。

11月契約価格を7%引き下げた。公共工事の見直しが本格化すれば厳しくなる。


SSABスウェーデンスティール社(スウェーデン鋼)は、今後の世界経済の動向に迅速に対応すため、

ヨーロッパ圏、アメリカ圏、アジア圏に本社機構を新たに設立する予定だ。




11月2日
〜 2009東京トラックショーが閉幕 〜

スウェーデン・スティール社(スウェーデン鋼)西2−38ブースにて出展しました。

会期は10月29日から31日でした



9月14日         
 〜 丸昌の営業研修会開催 

第18回目の丸昌の営業研修会を9月11日、12日に

大阪のクロス・ウェーブ梅田で開催しました。


  
誰も居眠りしていないか・・・

取り扱い商品が増えるなか、厳しい業界ですが「よいものを安く」の合言葉で

業界のために尽くしたく、ご指導の程お願い申し上げます。


スウェーデン・スティールの北京駐在の極東担当

グフタフ氏から表彰状を頂きました。


スウェーデン鋼の販売表彰
極東担当グフタフさん(右から二人目)より



8月24日                  〜粗鋼生産 1億トン回復〜

世界鉄鋼協会が20日まとめた7月の粗鋼生産は、前年同月比11.1%減の1億386万トンだった。

ただ世界生産の半分を占める
中国は12.6%増加の5067万トン。日本は24.5%減
の766万トン、

アメリカは41.6%減
の497万トンと減少が続いている。



日本の粗鋼生産は昨年10月までは約1000万トン、9月のリーマン・ショック後11月から1月まで600万

トン弱まで落ち込んだ。

2月から回復し、7月に8割弱まで回復したが、建機と同じで中国頼みでは悲しい。



                         
オクセルスンド工場の夜景                            オクセルスンド工場  


8月19日                 〜 H形鋼戦争、動きあり 〜

8日、電炉メーカーの東京製鉄は、鋼材全15品種の9月契約価格を1トン3000〜5000円引き上げる

と発表した。

H型鋼は前月比5000円高い1トン7万円となる。新日鉄も追随するであろう。



スウェーデン鋼については、適正価格に着地しているつもりですが・・・。




 オクセルスンド工場


8月5日               〜 鋼板メーカーの業績回復か 〜


2009年4月〜6月期の鉄鋼メーカーの連結決算が発表されたが、鋼材需要の落ち込みや、

高値の原材料在庫が利益を圧迫した。

新日鉄は422億円の赤字。JFEは415億円の赤字。世界の粗鋼生産トップのアルセロール・ミタルも

740億円の赤字
であった。

2008年度の世界粗鋼生産は13億2.610万トン、ミタルは7.8%、2位の新日鉄は2.8%、

3位の宝鋼(中国)は2,7%、JFEは2,6%であった。

2008年度の日本粗鋼生産は1億550万トン、新日鉄は3,124万トンで29.6%、JFEは2.938万トンで27.8%

であった。世界との戦いである。7月からの回復基調で、日本企業の躍進を期待したい。



7月29日               〜 H形鋼戦争いまだ休戦せず 〜

21日に、電炉メーカーの東京製鉄は8月契約価格を7月と同じ6万5000円に据え置くと発表した。

高炉メーカーの新日鉄は、6月1日から6万7000円前後としており、休戦は、まだのようだ。

2008年度のシェア率33.1%の東京製鉄、新日鉄は19.0%、JFEは14.8%(年間457万トン)である。

6月の生産量は新日鉄が7万トン、東京製鉄が6万トンで5年ぶりに逆転したようだ。

スウェーデン鋼
も、中国の鋼板需要が旺盛であるが、欧米需要が低調だ。

日本においても低調であったが、ようやく回復基調になってきた。




 オクセルスンド工場


7月2日                〜 H形鋼戦争いまだ終結せず 〜

スクラップ価格が上昇するなか、沈静化していたH形鋼戦争がまた始まった。

電炉メーカーの6万8000円に対し、高炉メーカーの新日鉄は、6月1日から6万7000円前後とした。

これに対し、電炉メーカーの東京製鐵は7月契約価格を3ヶ月ぶりに引き下げ6万5000円とした。

東京製鐵さんの利益確保はできるのかーーー。



6月1日

5月26日〜28日まで、 2009 NEW  環境展が開催された。

〜 2009 NEW  環境展 〜
閉幕   5月26日〜29日(金)

東京ビッグサイト

スウェーデンスティール(株)
スウェーデン鋼

東ホール K−442にて展示しました。



5月27日


6日、新日鉄は、リオ・ティントと2009年度の鉄鉱石価格を08年度から33%下げることで合意した。

BHPビリトンとも同程度で合意する見通しだがヴァーレはどうか、今回は中国の動きがつかめないようだ。

中国は、強固な値下げを主張しているようだ。



1月27日


008年の世界粗鋼生産が世界鉄鋼協会から発表された。

13億733万トンで10年ぶりの減少で07年より1.5%減った。

日本は1億1.873万トン(昨年12月26日の1億1.000万トンは訂正します)で1.2%の減。

アメリカは9.149万トンで6.8%の減。欧州連合27カ国は1億9.855万トンで5.3%の減。

中国は5億201万トンで1.7%の増。インドも5.505万トンと3.7%の増であった。

今後も減産体制強化されると思われる。


スウェーデン鋼は、ご迷惑をおかけしていたハルドックス500番がやっと入荷した。

トラックの張り板
ハルドックス450番も1年ぶり入荷。ヨーロッパの経済は日本以上に深刻なようだ。

サンプル材として
ハルドックス550番も入荷しています。





オクセルスンド工場


     お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681


2008年度


12月10日
 バウマ・チャイナ2008 察レポート  〜

(12月10日更新)

・・クリックお願いします・・



12月2日

2008年11月25日から28日まで上海新国際見本市会場にてバウマ・チャイナ2008が開催された。

スウェーデン・スティール社はブース E-5 5524で出展しました。

 スウェーデン・スティールのブース 25日撮影




私は25日の1時30分から2時30分まで待機。日本のスウェーデン・スティール社から

吉良さんが北京駐在のSSABの責任者、グスタフさんが応援されてました。


ネームカードの紐のSSABをPR・・?

11月14日

スウェーデンスティール社は、11月25日から28日まで開催されるバウマ2008上海に出展する。

ブースには、日本からも応援に駆けつける予定とのこと。


当社の小坂は、25日(火曜日)、1時30分〜2時30分までブース E5 5524にて

お待ち申し上げます。ぜひ、お立ち寄りください。


bauma china 2008

11月25日〜28日まで上海新国際見本市会場にて開催

アジア地域を代表する建設機械見本市

スウェーデン・スティール社も出展します。


鉄鉱石世界最大手のブラジルのヴァーレが、9月に提示した12%の再値上げ要請を撤回した。

豪英系のBHPビリトンより安くなるため、今後の両者の動向が気になる。(9月9日参照)




9月29日

スウェーデンスティール社は、
スウェーデン鋼価格を、11月1日出荷分より引き上げると発表した。

今年の2月と7月に価格を引き上げしており、今年3度目の引き上げとなる。

特にハルドックス500は、いまだ欠品、品薄でお客様にご迷惑をおかけしている。


          
                           ストックホルムにて
9月9日

ブラジル資源大手のヴァーレ(旧リオドセ)が新日鉄など鉄鋼大手に対し2008年度の鉄鉱石価格の

追加値上げを要請してきた。10月分から実施したい考えで12%の値上げ、4月に65%値上げしており、

初年度より98%の値上げになる、豪州大手のBHPビリトンの値上げ幅と同じになる。

スウェーデン鋼も世界で需要旺盛でハルドックス500は品薄、欠品気味、

価格も11月頃再引き上げがささやかれている。


7月11日

新日本製鉄など日本の鉄鋼大手5社は、英豪系資源大手リオ・ティントと2008年度の豪州産鉄鉱石の価格を

07年度比
約2倍の値上げを受け入れた。 この4年で豪州産鉄鉱石価格は4,4倍になった。

鋼板や
スウェーデン鋼の価格引き上げ、ハルドックス500番の品薄、欠品は、まだ続きそうだ。
 
破砕機や消耗部品の原材料、フェロクロム・モリブデン・マンガン鋼なども、前年比
2倍から9倍と急騰し、

値上げどころか、納期遅れ、欠品発生と我々商社はメーカーに張り付いているのが現状だ



                   
 トラックの内バリに                    バケットに、ホッパーに

6月10日

2008NEW環境展が3日から6日まで東京ビックサイトにて開催された。

スウェーデンスティール社(スウェーデン鋼)のブース L-118に

多数の方々が御来場いただき、ありがとうございました。


5月7日

スウェーデンスティール社は、スウェーデン鋼の価格を7月1日出荷分より価格改定すると発表した。

ハルドックス商品は現在のところ欠品が多く、ユーザー様に、大変ご迷惑をおかけしている。

その中での値上げは、きついものがある。


ストックホルムにて 08.4.30撮影

3月27日

鋼材の市中価格が一段と上昇した。2月19日の業界ニュースでは、鋼材の平均販売価格は
1トン8万円であったが

この一ヶ月で現在
10万円台になった。34年前のオイルショックなみとなった。当時は沈静化したが、

今は経済の構図が変わっており、着地がみえない。


スウェーデン鋼は売り惜しみせず供給しているが、船が着けば、すぐになくなりユーザー様に、ご迷惑をおかけしている。

日本の鋼材は、どこにいったのか?



1月22日

 世界の鉄鋼業が活性化している。 SSABスウェーデンスティールは、耐摩耗鋼板において生産量800万トン

ヨーロッパシェアは40%、世界シェアは25%である。ハルドックス600(ブリネル硬度600)よりグレードアップの

ハルドックス・エクストリームに挑戦しており近日発表される。



日本も昨年の粗鋼生産は34年ぶりに1億2、000万トン(高級鋼が多い)を更新した。世界的にみると10年前、

1億トンで中国に並ばれ、追い越され、中国の粗鋼生産は昨年、日本の4倍、4.8億トン(一般鋼が多い)になった

とおもわれる。





2007年度


12月25日

スウェーデンスティール社は、来年2月1日出荷分から価格改定を行うと発表した。原材料価格、船舶輸送にかかる

原油価格の高騰によるとしている。しかし、品薄や欠品状態が続いてるなかの値上げは厳しいものがある。


12月12日

スウェーデン鋼、ハルドックス400,450,500,600、の30〜40ミリは、いまだに品薄が続き、ユーザー様に

ご迷惑をおかけしています。


ストックホルム
10月25日

JFEスチールは重機に使う厚鋼板を15%値上げする。一般流通価格は、すでに上昇中だが、「ひもつき」製品も

対象とした。また、産業機械部品に使う平鋼も、今月から、またまた上昇中である。



当社が販売するスウェーデン鋼、ハルドックス400、ハルドックス500についても、

厚み30〜40ミリが国内品タイトで影響をうけ、品薄か欠品。6〜8ミリも品薄か欠品中で、

海外市場との価格差が気になるところだ。(日本が安い)



7月18日

当社と取引のある、SSABスウェーデンスティール社は米カナダ有力電炉メーカーのイプスコを今週中に買収する。

買収総額は
77億ドルで今後は油田やガス田の掘削に使用する継ぎ目なし鋼管の販売や

スウェーデン鋼の現地生産も視野にいれそうだ。


                        
オクセルスンド工場の夜景





                                                            



スウェーデン鋼の特性





   
オクセルスンド工場 ISO9001認定   オクセルスンド工場

ISO9001認定

   

 


スウェーデン鋼は、スウェーデンの鉄鉱石とミネラル分の多い水により、粘りがあり、軽くて強い鋼板が

誕生しました。



砕石プラントでは、ダンプの底板、重機のバケット、グリズリのバー、チークプレートなどに使用されています。



耐摩耗鋼板 HARDOX400   HARDOX450   HARDOX500   HARDOX600
       (ハルドックス)


 
巨大なバケットと大型ダンプの

内張りライナーにも

HARDOX400

HARDOX450

HARDOX500


使用されています。

 
 

 




                         
より高い硬度、優れた耐摩耗性。製品寿命が何倍も長くなります。





耐摩耗鋼板 HARDOX450(ハルドックス)   DOMEX(ドメックス)   WELDOX(ウェルドックス)


スウェーデンスティール社の資料より






スウェーデン鋼/多目的耐摩耗鋼板


 

HARDOX HARDOX HARDOX
400 450 
500
硬       度    
ブリンネルAB 360-440 425-475 450-540
厚       み 4-130mm 4-80mm  4-80mm
   
衝撃・強さ        
シャルピーV    
圧延方向 -40℃ 45J 35J 30J
   
機械耐強度
降伏強さ 1000N/mu 1200N/mm 1300N/mu
引張強さ 1250N/mu 1400N/mm 1550N/mu
伸び 10%  10%  8%
炭 素 当 量    
(20mm厚) 0.38 0.58
 
            

 

  2015年 HARDOX(ハルドックス)は、400:450:500:550:600:が生産されています。

 

支店・営業所まで、お問い合わせください。(上覧のお問い合わせをクリックしてください)

 
 お問い合わせは株式会社丸昌まで


大阪支店   072−965−2821

東京支店   042−759−1811

四国支店   087−851−4365

宇都宮営業所 028−621−3681



バウマ2010がミュンヘンにて、4月19日から25日まで開催されました、20日にスウェーデン・スティールのブースにて

日本の皆様を歓迎する予定でしたが、アイスランドの火山灰による飛行禁止で訪欧できず。申し訳なく思っております。

次回は2013年開催予定です。
                                                 (2010年4月26日)



バウマ2007がミュンヘンにて、4月23日から29日まで開催された。

 
           
     バウマ2007(ミュンヘン)でのブース。           日本の方々のご来訪、ありがとうございました。
〜バウマ 2007と SSAB視察(スウェーデン鋼)レポート〜
・・クリックお願いします・・
(文責  小坂佳三)



  ラストまでのお付き合い、ありがとうございました。


丸昌へのトップページはHOMEをクリックしてください。


Home